トップ / 常勤と非常勤の医師について

常勤と非常勤の医師について

非常勤の医師とは

非常勤として働く医師

総合病院などに行くと、常勤の医師と非常勤の医師がいたりします。常勤は、その名の通り、規定以上の勤務をしており、常に病院にいる医師になります。それに対して、ほかの病院との掛け持ちや開業をしていて、副業として時間勤務で働くスタイルである非常勤という形態の人もいます。自分の都合のよい時間や曜日に勤務するわけです。仕事自体に違いがあるわけでなく、人の命や健康を預かる仕事であり、それなりに責任の重い仕事ではあります。そして、科にもよりますが、激務であることもあります。待遇に関しては、常勤ほどよくなく、社会保険や税金関係でも自分で手続きをしたいする必要があるのですが、いくつかを掛け持ちすることで、ある程度の収入は得ることができるのです。時給にしてみると、一時間あたり一万円くらいを支給するところもあるようです。しかし、それだけの時給をもらうだけの仕事はしているのです。非常勤だからといって、腕が悪いということはありません。

非常勤の待遇について

近所のクリニックに行くと、院長以外に週に1回だけ大学病院から来る若手の先生が診察しているというパターンはよくあります。研修医時代の指導医だった先生が開業したので、週に1回だけ非常勤で診察している、院長の息子が週に1回だけ外来を担当しているというケースもあります。非常勤医師と言うと聞こえが良いのですが、あからさまに言うと「アルバイトの医者」です。非常勤医師のバイト代の相場は、時給1万円と言われていますが、医者がなかなか来てくれない僻地では値段が跳ね上がり、1回10万円を超える賃金を出す所もあります。また、アルバイトをしているのは若手の下っ端だけだと思っている人が多いようですが、講師クラスや準教授や教授クラスでもアルバイトをしています。大学病院から貰うお給料だけでは、足りないのです。開業資金も貯めたい、息子の医大の授業料や塾代も高額、学会へ行くたびに結構な出費になる、買いたい専門書は1冊数万円するなどで、出費も多いのが医者の世界です。世間から見れば待遇が良いように見えますが、寝る暇を惜しんで働いているのが現状で、時給換算するとおそらくあなたの旦那さんのほうが高給かもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験について. All rights reserved.