トップ / 薬剤師のお仕事内容とは

薬剤師のお仕事内容とは

薬剤師ができる仕事

薬剤師が行える医療行為

医療行為は昔から医師だけが行えるものとして考えられてきました。当然ながら薬剤師も行うことは認められていませんでした。しかしながら禁じられている処置などが必要以上に拡大解釈されているという現状も否めません。平成17年にはこうした高齢者介護の現場において必要の生じる処置については、医療行為ではないと判断する決定もされています。具体的に薬剤師が行えるものとして、体温測定や血圧測定、一定の要件を満たした上での湿布の貼付や軟膏の塗布、点眼薬の点眼などがあげられます。

医療行為の看護師と薬剤師の違い

看護師の他に病院での勤務をすることかでき、人気がある職業に薬剤師があります。看護師などのように患者さんに直接医療行為などを行うことは、できませんが医師が患者さんの診断をし、必要となる薬を記入した処方せんを元に、薬の選別を行ったり患者さんに薬の説明などを行うことが主な業務内容で、病院内の薬局や、病院外の調剤薬局などでの勤務が多く、安定した収入をえることができ、残業などもほとんどない職業となっていて人気のある職業の薬剤師です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験について. All rights reserved.