トップ / 医師法とは何か学ぼう

医師法とは何か学ぼう

医師の権利と義務

医師の義務は法律で規定

医者も労働者ですから様々な権利と義務を有しています。医者の資格や職務、倫理を規定す法律である医師法には順するべき、いくつもの内容が列挙されています。その内容としては、正当な理由がない場合には診療を引き受けなければならないこと、処方箋を交付しなければならないこと、診療記録の記載と保存をすること、業務で知り得た秘密を正当な理由無く漏らしてはならないことなどがあります。医師は資格を有した人のみが診療行為を行える業務独占資格ですが、法律上の義務を果たさない場合には資格が剥奪されることもあります。

医師に対する義務の法律

医療現場の活動を規定し、必要な対応を義務付ける法律としては医師法が有名な存在として知られています。この法律には様々な規定が明記されており、医療機関をはじめとして全ての医療行為を行う関係機関を規制する法として広く周知され、義務付けられた行動を要求するものとなっています。この法を順守する範囲内での活動を行うようにすることが医療の現場では必要であると言えるでしょう。医療の中心は常に医師であり、不在の環境で行うことが出来ることは厳しく制限されています。法の枠組みを理解して活動を行うことが必要な対応なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験について. All rights reserved.