トップ / 医師になるための進学

医師になるための進学

医師になるための勉強

医師になるための大学選び

将来医師になりたいという方は、どの医学部を受験すればよいのかということに頭を悩ませていると思います。しかし、どこの医学部も偏差値はあまり変わりません。そのため、受験する大学は偏差値にかかわらず、どこでも大丈夫です。医師になるために必要とされるのは、進学後の勉強です。いくら有名な医学部へ進学しても、そこで努力を怠れば卒業はおろか進級さえもできません。大学へ進学することがゴールではなく、進学後何をするかが大切となってきます。受験期と同じくらいの努力を必要としますが、根気よく勉強をすればきっと夢は叶います。

医師になるための大学の偏差値

医師になるためには大学の医学部を卒業して、国家試験に合格する必要があります。医学部は6年制で卒業するだけでも大変ですが、入学するのはもっと大変です。大学のすべての学部の中でも一番偏差値が高いのが医学部です。ランクの低い医学部でも偏差値は60以上です。医師の国家試験に合格するよりも医学部合格の競争に勝ち残るほうが難しいとも言えます。よほど秀才の人は別にしても、かなりの勉強時間が必要になります。難関国家資格である公認会計士や税理士に合格するのと同じくらいの勉強量が必要ですので、軽い気持ちでは合格できません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験について. All rights reserved.