トップ

医師国家試験について

医師免許取得の試験

医師になるための国家試験

医師国家試験は、免許を取得するための試験です。試験は近年では年1回、2月に実施されます。合格率は80%台後半です。試験は筆記試験で3日間に渡って行われます。試験では特定の科目が出題されるのではなく、すべての科目を取り混ぜた総合問題が出題されます。医師になるにはこの試験に合格しなければなりません。誰もが受験できるものではなく、難関とされる医学部入試を突破し、最終学年まで進級、そして卒業試験に合格した者だけがこの試験を受ける資格を有します。試験対策には専門の予備校があったり、授業のカリキュラムの一部に国家試験対策や模擬試験を組み込んだ医学部も増えてきています。そもそも大学生活にてあまりに不勉強で医者には向かないと判断されると、国家試験はおろか進級もさせてもらえないこともあるので、日々の積み重ねがものを言います。知識はもちろんですが、緊張や体調不良で力が出し切れないことのないよう、こちらも気に掛けたいものですね。

国家試験への勉強

高校そして浪人時代の受験戦争を勝ち抜いて医学部へと入学し、医学部の2年間で基礎教養それから4年間に専門的な勉強そして病院実習のために様々な病院へ行き、入学から6年していよいよ医師になる前に大きな最後の障害がありあます。それが国家試験です。毎年2月の土曜日曜月曜の3日間をかけて一般問題・必修問題を通してほとんどの医学部生が受験し、それに合格することで、いよいよ希望にあふれた社会へと出ていくのです。逆にこの試験に受からなければ医学部では一般的な入社試験などをしていませんので、国家試験浪人ということになってしまうことすらあるのです。ただし、この試験は医学部受験の時のように5倍もある倍率の試験とは異なることが特徴です。現役医学部生の9割が合格する試験なのです。確かに、人生がかかっているようで大変に緊張する試験ではありますが、9割が合格するので、周りの人と同じように勉強し、同じような知識を得て、同じような正答率を得ることが大切なのです。医師になるためには蹴落とすための勉強でなく、周りと足並みをそろえた勉強の仕方が大切だと考えられます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師国家試験について. All rights reserved.